スポンサードリンク

朝丘雪路は認知症ではなくうつ?息子や娘や宝塚裏口入学について!

スクリーンショット 2014-06-17 11.07.55

 

女優でタレント、歌手の
朝丘雪路さん。

 

 

旦那さんは俳優の津川雅彦さんで
朝丘雪路さんは
かなりのお嬢様である
ということも有名ですよね。

 

 

さてそんな朝丘雪路さんですが
なんと認知症という噂あがるも
うつだということ?
また息子さん、娘さんについてや
気になる宝塚裏口入学についてなど
朝丘雪路さんについて調べてみました!

 

 

認知症ではなくうつ?

 

女優でタレント、歌手と
様々な分野で活躍をしている
朝丘雪路さん。

 

 

かなりのお嬢様であることも有名な人で
世間知らずでいて
お嬢様エピソードというものも数知れず。

 

 

おっとりとしたマイペースな性格は
さらにお嬢様ということを
周りに意識させることになっていて
嫌味のない面白く
放っておけないという印象を
世間では定着させていきましたね。

 

 

さてそんな朝丘雪路さんですが
認知症やうつ病といった噂があるようですね。

 

 

あのお嬢様である朝丘雪路さんが
と少しショックを受ける噂です…。

 

 

ここ数年、元気のないような姿や
うつろな目からは
認知症になっているのではないか
と噂されていた朝丘雪路さんですが
事務所が正式に老人性うつ病であることを
発表しました。

 

 

老人性うつ病というのは
その名の通り、高齢者に多く発症する
うつ病の一つであり
近年日本でも増加傾向があるものです。

 

 

一般的なうつ病というと
気性が荒くなってしまったりと
わかりやすい特徴があるものの
老人性うつ病ではそういったことは見られないため
認知症だと誤解されるケースもあります。

 

 

覇気がない、元気が無い、不安気
うつろ目、というのは
認知症の症状の一つですし
確かに老人性うつ病と間違ってしまうかもしれませんね。

 

 

老人性うつ病というのは
年を負うにつれて身体が弱くなることに対し
不安を覚えていたり
様々な精神的肉体的な変化によって
ショックをうける
または、大きな環境の変化によって
ストレスなどが蓄積されて発症してしまうもの。

 

 

特に今まで頑張ってきていた
朝丘雪路さんなので
高齢の体となって
そんな変化に驚かれショックを受けたのかもしれませんね。

 

 

また夫である津川雅彦さんの
借金問題や
別居問題も
この老人性うつ病に拍車をかけたのではないか
とも言われているというのもあり
環境の変化やストレスなども
大きく身体に負担となって
のしかかっていたのではないかなと思います。

 

 

現在の朝丘雪路さんは
何をするにも面倒くさいといったかんじで
ほとんど自宅からはでない生活を送っているようで
テレビなどで見ることがないというのも
こういった理由があるからだと言えるでしょう。

 

 

あの天然で面白くもかわいいお嬢様がと
当時を知る人にとっては
時間の流れの速さを感じさせる
そんな話題ではありますが
少しでも楽しいと思える日々を
朝丘雪路さんには送ってもらえたらいいなと思います。

スポンサーリンク


息子や娘?宝塚裏口入学?

 

お嬢様で天然なキャラクターとして
人気があった朝丘雪路さん。

 

 

結婚できないほど世間知らずではありましたが
過去には二度結婚をしていますね。

 

 

現在の旦那さんである津軽雅彦さんとは
1973年に結婚をしていて
翌年には娘さんである真由子さんを授かっています。

 

 

その前には1967年に青森県在住の医師
結婚をしていて息子さんを授かりましたが
翌年1968年には離婚。

 

 

たった1年ほどの結婚生活ということもあって
離婚歴があるということを知る人は
意外にも少ないようです。

 

 

そして息子さんは前夫が引き取っているようで
朝丘雪路さんは津軽雅彦さんとの間に生まれた
娘さんと暮らしていたようですね。

 

 

おっとりとしている反面
結構複雑な親子関係なのかもしれません。

 

 

息子さんについては
詳しい情報はなかったので
もしかしたらお父さんと同じく
お医者様として活躍をされている可能性が
高いかもしれません。

 

 

娘さんである真由子さんは
女優として活躍をしているようで
生後5ヶ月の際には誘拐されたことがあり
話題にあがったこともありましたね。

 

 

お父さんのことが何よりも大好きということで
津軽雅彦さんも真由子さんには溺愛。
2人は共演する機会も多いので
見かけたことがある人も多いかもしれません。

 

 

また朝丘雪路さんといえば
宝塚裏口入学も有名な話ですよね。

 

 

朝丘雪路さんが宝塚へ入団したのは
戦後間もない頃であり
当時の宝塚歌劇団は確立した受験制度は
なかったようです。

 

 

そんなときに朝丘雪路さんは
お父さんである画家の伊東深水さんに
宝塚へ入りたい、とお願いをしたということ。

 

 

これには過保護であった伊東深水さんは
かなり悩ませたようですが
宝塚の創業者でもある友人の小林一三さんから
娘を甘やかしていたら駄目になる
という助言をうけて、しぶしぶ入学をOKしたようです。

 

 

現在ではこういった裏口入学のようなものは
存在していないようではありますが
名家のご令嬢などがこうった経緯から
宝塚へ入団をしたということは
他にもありそうですね。

 

 

まさに朝丘雪路さんらしい
お嬢様エピソードだといえます。

 

 

現在老人性うつ病ということで
何もかもにやる気を失ってしまっているようですが
昔のことを少しでもおもいだして
以前のような明るい朝丘雪路さんの姿を
見せてくれたらなと思います。

スポンサードリンク

おすすめ関連記事!!

コメントを残す